おいらせ調査事務所

後悔しない浮気調査を実施するために

探偵に浮気調査を過去に依頼して「後悔を残している」方は多数存在することでしょう。全ての浮気調査が依頼人の望む調査結果とならない事実は誰もが想定できることでしょうが、「問題やトラブル解消」を念頭に浮気調査を実施することを選択される経緯から考えれば「後 悔」を残す結果も受け入れなければならない結果の一つと言えるのです。

依頼人が想定する「依頼人にとってベストな報告」とは浮気の証拠が言い逃れのできない状況で残っていることや、浮気相手とパートナーが定期的・継続的に浮気を繰り返していた証拠が浮気調査によって明らかになることと言えます。それに加えて浮気相手が何者でどのような勤務先に努めているなどが調査報告として残されれば法的に対 処可能な案件となるものでしょう。

このような状況から判断しますと「浮気調査を実施し後悔を残さない状況は必要な情報を全て得る」ということに多くの場合通じていると判断ができるのです。どのような情報が欠けても後に「もっと詳しく調査を実施しておけばよかった」などの後悔は残るものでしょうし、浮気調査を実施した時点と現在の状況に変化が起きて「浮気調査で得られる情報は全て残しておくべき だった」なども後の後悔としては多数の方が経験するものなのです。長年の浮気調査キャリアを有する探偵は口をそろえてこう言います。

「浮気調査と鉄は熱いうちに・・・」と

この言葉が何を意味するかご説明しますと「人の色恋には熱しやすく冷めやすいタイミングが存在する」ものですから「浮気調査を実施して多くの情報や証拠が取得可能なタイミングを逃さずに多くの証拠を残す」判断が後悔しない浮気調査に繋がるということなのです。このタイミングを逃して再び浮気調査を実施しても「浮気の頻度が下がった」ことにより何日浮気調査を実施しても浮気の事実が出てこないタ イミングも存在するものです。

タイミングを逃した浮気調査は「費用ばかりかさみ結果が得られない」という悪循環となってしまうことから「後悔しない浮気調査」とするためには「取得可能なタイミングに可能な限り証拠や情報を残す浮気調査」がべストな浮気調査と判断できるのです。

<経験豊富な良い探偵ほど浮気調査を実施するタイミングを重視する>

後悔を残さない浮気調査を実施するためには、「良い探偵に浮気調査を依頼する」ことも重要な条件のひとつと言えるでしょう。浮気調査を実施するにあたり、何が良い探偵の条件であるか?知らなければ探偵選びは困難を極めるものとなってしまうでしょう。多くの探偵は利 益を重視するあまりに「一日でも多く浮気調査を実施したい」との思惑が存在しますから、浮気調査を実施するタイミングに裏付けが存在しません。

この部分において依頼者との打ち合わせが密に実施されない探偵は「浮気調査の依頼先として不合格」と言えるのです。

良い探偵は浮気調査を実施するタイミングの重要性を軽視しませんから、調査対象者の行動からの想定を密にご依頼者と打ち合わせし、高確率な時間帯・曜日を選択し絶好のタイミングでの調査計画を提案するものなのです。このような探偵業の善し悪しをふまえた上で「探偵との無 料相談や問い合わせ」を利用することが「良い探偵に浮気調査を依頼する条件」として欠かせないものと言えるのです。経験豊富なプロの探偵は悪質な探偵と仕事ぶりが大きく異なるものなのです。このような「具体的な良い探偵の条件」を理解して後悔の無い浮気調査が実現可能となるよう根気よく探偵選びを実施して頂きたいものです。